5月 012015
 

アマチュア無線の鉄塔撤去をお考えのお客様へ

弊社では全国出張工事でアマチュア無線の鉄塔撤去を行っております。
2020年の春も全国キャラバンを実施いたしますが、北関東以西の予定は一杯になりました。
ご予約いただいたお客様にはお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

なお、関東~東北地方の空きはまだ少し有りますが、秋の台風シーズン前に撤去工事をお考えのお客様はお早めにご連絡いただきますようお願いいたします。
ご連絡いただいた時点で春の時期の工事に対応出来ない場合ございますのでその点はご了承下さい。 よろしくお願い申し上げます。

アルインコタワーのオーナー様へ緊急のお知らせ

金属疲労によるタワー倒壊の恐れがあります。

鉄塔倒壊の恐れのあるアルインコタワーの金属疲労による亀裂先日当社が行ったアマチュア無線のアルインコタワー解体工事で、支柱のジョイント(曲がり部分)に金属疲労と思われるクラックの発生が見つかりました。

鉄塔倒壊の恐れのある事例ですので、緊急事案として報告いたします。

アルインコタワーのオーナー様は、是非最後までお読みいただいてご自分のタワーの点検を行う事をおすすめいたします。

(それぞれの写真はクリックすると拡大して詳しく見る事が出来ます。)

 

タワー倒壊の恐れのあるアルインコタワーの金属疲労による亀裂クラックは支柱の断面積のほとんどに達していました。

もしあと数mm進めば、支柱は完全に折れ、強風や地震で簡単に倒壊した可能性もあります。

アルインコタワーに関してはネット上でも「強度は有るがポッキリ折れる。」と言った風評がありましたが、もしかすると今回と同様の金属疲労が原因だった可能性も有ります。

この亀裂は地上から見ただけでは発見はとても難しいと思います。

 

鉄塔倒壊の恐れのあるアルインコタワーの金属疲労による亀裂実際今回の当社の工事でも、初めは亀裂に気づかずに技術者がタワーに登って解体工事を行いました。

亀裂部分まで解体が進んだ時に、やっと発見できました。

それも、近くから見て何か筋のような線が見えるなと思う程度の線で、しっかり観察してやっと発見出来たほどです。

 

タワー倒壊の恐れのあるアルインコタワーの金属疲労による亀裂発見した技術者は亀裂を見てゾッとしました。

もしかしたら、登っている最中に倒壊してしまった可能性も有ります。

 

鉄塔倒壊の恐れのあるアルインコタワーの金属疲労による亀裂同様の金属疲労が他のアルインコタワーでも発生しているかどうかは判りませんが、重大事故に繋がる可能性のある事なので、注意喚起の意味で報告させていただきます。」

 

鉄塔倒壊の恐れのあるアルインコタワーの金属疲労による亀裂

 

日本初!ロープアクセスによるよる鉄塔解体工事

お見積もり無料です!

現場の写真と説明を送っていただければ、大体の御見積もりが可能です。
現場の住所をお知らせいただければ、グーグルマップやストリートビューで現場の状況を確認出来、より正確な御見積が可能になります。

全国出張いたします! お気軽にご連絡下さい。

工事・調査内容によっては北海道からの出張費込みでも、競争力のある価格をご提示できます。 さらに、時期によっては出張料が無料で工事が出来る場合があります。
電話: 0154-68-2002
メール: works@pioneer-labo.jp

全国各地で高所作業を行っています

【高所作業チーム】業務一覧