10月 112018
 


地域:青森県

風況観測タワー解体撤去工事

風力発電設備を設置するための風況観測用鉄塔の撤去工事を行いました。

風況観測タワーは、風力発電の建設計画で風の状態を観測してデータを収集するための鉄塔です。

風況観測タワーの撤去工事

せっかく巨額の投資をして風力発電の風車を建設しても肝心の風が吹かなければ発電は出来ません。

そこで事前に観測用のタワーを建て、風車の建設予定地の年間を通した風向や風速のデータを収集して採算が取れるかどうかを判断します。

風況データが収集され仕事が終わった風況観測タワーの解体が【高所作業チーム】の今回の仕事です。

タワーは高さ60mの支線式タワー、途中にはアームが突き出ていて風力計や風向計等の観測器機が設置されています。

風況観測タワーの解体撤去

風況観測タワーは一時的な短期間の使用だけを考えて設計されているので、必要な強度は備えているものの見るからに華奢な造構造です。

最上部に登って下を見ると、まるで蜘蛛の糸を登っているような気分です。

風況観測鉄塔解体撤去工事

【高所作業チーム】のメンバーは芥川龍之介の小説に出てくるカンダタとは違いますので、蜘蛛の糸は切れる事無く無事工事を完了出来ました。

お見積もり無料です!

現場の写真と説明を送っていただければ、大体の御見積もりが可能です。
現場の住所をお知らせいただければ、グーグルマップやストリートビューで現場の状況を確認出来、より正確な御見積が可能になります。

全国出張いたします! お気軽にご連絡下さい。

工事・調査内容によっては北海道からの出張費込みでも、競争力のある価格をご提示できます。 さらに、時期によっては出張料が無料で工事が出来る場合があります。
電話: 0154-68-2002
メール: works@pioneer-labo.jp

全国各地で高所作業を行っています

【高所作業チーム】業務一覧